yuzou日誌
西荻窪にある創業29年、韓国料理一瓢家からマッコリBar一瓢家に」変わったの亭主blogです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海バンスキング


劇作家、斎藤憐が昭和初期の上海を舞台に描いた「上海バンスキング」は上海に渡ったジャズメン達の恋と夢の物語です。

ギャラの前借りが「バンス」で前借り王のジャズメン達だから「バンスキング」なのです。

その上海にバンスキングたちが活躍していた和平飯店(ピースホテル)が改修を終えて三年ぶりに営業を再開したそうです。

更に嬉しいことに飯店で演奏するのはオールドジャズバンドでバンスキングの時代から演奏してきたジャズメンを含む平均年齢78才バンドが演奏しているそうです。

上海バンスキングの映画を見たときから上海の和平飯店は憧れでした。

この機会に行ってみたいと思います。

あのスローで哀愁あるジャズを心行くまで楽しめたらいう事ありませんね。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ippyouya.blog13.fc2.com/tb.php/152-e37c744f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。