yuzou日誌
西荻窪にある創業29年、韓国料理一瓢家からマッコリBar一瓢家に」変わったの亭主blogです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no title


しばらく生音にご無沙汰していたので昨夜突然、馬場のJazzliveHouseサニーサイドに誰が出ているかも分からず行ってきました。
そんな時はえてして思わぬ報酬が待っているものです。
原野かずよしクィンテットという始めて出会うバンドでした。

原野さんの昔語りのJazzボーカルぶりも良かったのだけれど、バックのピアノ、ベース、ドラムスがいい。

野田ユカさんのピアノは包容力を含んで暖かく、ベースの江藤さんはそのピアノを更に包み込んであくまでも柔らかく彼の人柄や年輪を感じさせる気持ちのいい音色でした。

どこかで聞いたことの有る記憶の音だったので家に帰ってCDを聞きなおしてみました。
ウェスモンゴメリーの「降っても晴れても」のベースと同じ音のようでした。

ゲストボーカルに日本のホテルやブルーノートで歌っているマリアエブァが出演して洗練された歌声を聞かせてくれました。

最近あまり好い事のなかった私に絶好のプレゼントでした。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ippyouya.blog13.fc2.com/tb.php/193-9be8572b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。